2005年09月25日

お店を作ろう。ワークショップ最終日

25日
最終日です。
この日は、自分たちが作った店のプレゼンです。

発表は、C班→B班→A班
の順番で行いました。
まずは、C班
銭湯を作りました。
若い人とか近所の人とかが、たまれる銭湯です。
しかも、浴槽で本が読めるし、混浴でもあるらしいです。
昔は、事務所の近くにもあったらしいのですが、今はありません。新たな機能を持った銭湯が出来るといいなぁ〜と思いました。

B班
イートインのパン屋さん
駅前にパン屋がない!そこから始まったようです。
コンビニはありますが、どうも全国共通ということから冷たい感じをうける。
で、パン屋さん。
このパン屋さんは、朝早くからやっている。そして、イートイン。サンドウィッチのグが選べる、といった機能があります。&パンだったら毎日買いに訪れる。そんなところが店には現れていました。

こちらもやはり、たまり場、休憩所的な物が欲しいと言う願望がでていました。

A班
シアター&カフェ
プレゼンがとても面白かった!!
変なカッコしてるくせにまともなことバンバン言ってさまが笑えました。
この班は、店一つという提案ではなく、いくつかの建物が集まっていて、全体のまちの表情を作品に仕上げていました。完璧妄想の世界の住人になっていました。上層階があるのですが行くための階段がないようで、木の枝とか登り棒とか使って上がるらしい。質問でお年寄りはどうするの?って聞かれ、階段はないけどスロープはあります。って答えてた。しかも、それはアドリブらしい。小馬鹿にしてる感があったけどとても良い切り返しだった!!
あと、なんと言っても良かったのは、開発さんもお気に入りになったかぶり物。
DSCF0051.jpg
外から見るととても変だけど、かぶってしまうとあら不思議!とても綺麗なんです。ダンボールに無数の穴があいていて、ミラーボールみたいにキラキラ光がこぼれてくるから、動きたくなってしまい結果踊っているようなもがいているようなそんな動きをしてしまいます。
DSCF0052.jpg
外から見ているととても滑稽なんだけど、笑えて、とても楽しい作品でした。本人いわく、一人遊びしてるのにみんなが楽しいから一石二鳥でしょ!なんて言ってました。
開発さんもニューヨーク?のワークショップとか、他のワークショップでやってみたいな!!って言ってました。
もちろん、作った本人の名前を出して行うから安心してねって言ってました。
これを見て、作った人は、石下 卓 考案のって一言いってみんなに紹介してあげて下さい。


全体的な感想
簡単でわかりやすくて、自分の考え方とか少し変われ、いろんな人が関われるワークショップがこんなにも楽しいコトだと初めてしりました。
感想といっても、ただただ楽しくて。笑えて良い時間をありがとう
という、稚拙な思いしか出てきません。
でも、たまには、ぶっ壊れた行動や活動をする!これは、自分改革に一役買うなという思いがしました。
こんな楽しいアートワークショップをやっている開発さん。でも、地域の中で貢献とか関わるといった活動がなかなか出来ないとおっしゃってました。
開発さんのグループはいろんな活動をバラバラに行っているアート集団だけに地域に根ざすと言った行動がやりにくいらしいです。
僕らはそうゆうアート集団ではないから出来る可能性をとても秘めているんだなと思いました。
事務所の維持で、ちゃんとした仕事も必要だけど、ぶっ壊れた考え方とかやり方とかも必要だなと思う。
その中から実現出来るものが上がってくるかもしれないし、頭と体のリフレッシュにもなるし、なにより人との距離が多少近くなる。これはとっても大切なことだと思った。

さぁ、次回は、どんなことをしようかな。
posted by どろっぷす at 22:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7328446
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。