2009年10月01日

ルイハトモヲヨブ

私にとって一番の幸せは、おいしそうな空間で、おいしいものを食べてるときなようです。

試合に勝ったとき、コンペに通ったとき、友達と遊ぶとき…。

それらと比べても、何一つ迷うことなく、最も幸せな瞬間です。

その中でも、木のカウンターがあって、紅い絨毯があって、空間の真ん中にはシェフの台所があり、シェフがその空間を支配している…そんな空間が最もベストです。

最近、千葉に、そんな店を多く見つけます。
何度行っても驚くほどおいしいです。
そしてそういう店に限って、その一軒だけではなく、何軒も集まって地区を作っています。
素敵なお店の集まりが、その周辺に独特の雰囲気を作っています。

まさに「類が友を呼んでいる」のでしょうか。

「落ち着いた雰囲気の町並みが友を呼んだ」のでしょうか。

それとも「1が類を集めた」のでしょうか。


いずれにしても、こういう素敵な街並みを作っていきたいなぁと

強く感じました。



でも、おいしい料理が食べれればそれでいーや。

とも強く感じました。

posted by どろっぷす at 11:28| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。